アドセンスで警告【ads.txt】の対応と対処方法!コピペでおk

今回は、ココ最近の流行りのads.txtファイル警告の相談を受けたので、記事にすることにしました。

今回のご相談は、あかりんご1回ぽっきり人生楽しみ隊!さん。

参考 セキララボセキララボ

【アドセンス】警告ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります

警告本文がこちら。

ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

なんか、こう。訴えてきますね。心にズーンと。

ちなみに、こんな感じで表示されるようです。

【アドセンス】警告の対応と対策方法!adx.txtってなに?

さて、この警告文内にあるads.txtとは一体なんでしょうか?

参考 ads.txt で認定販売者を宣言するAdSenseヘルプ

AdSenseの公式ヘルプに書いてありますが、わかりやすく端的に言うと、「サイト内に貼り出されている広告枠は偽物ではありません」という証明書のようなものです。

私が今回、あかりんごさんのサイトを確認した結果、AdSenseが表示されていませんでした。

広告は表示されているけど、警告が出ている。というお話も流れてきておりますが、ads.txtを設置するデメリットは一切ありませんので、AdSenseを表示されている方はコレを機に設置しましょう。

【アドセンス】警告ads.txtの対応と対処方法!adx.txtファイルの作成

難しいことは一切ありません。

手順1
ads.txtの作成

エディタを開き、下記コードをコピペします。

ads.txt

google.com, pub-****************, DIRECT, f08c47fec0942fa0

手順2
ads.txtの作成②

コード内のサイト運営者IDを書き換えます。

ads.txt

google.com, pub-****************, DIRECT, f08c47fec0942fa0

赤文字のpub-以降の16桁の運営者IDは、アドセンスにログインして、広告のコードを表示させればわかります。

手順3
ads.txtの作成③

名前をつけて保存します。

もちろんファイル名はads.txtです。

ads.txtファイルの作成はこれで完了です。

【アドセンス】警告adxtxtの対応と対処方法!adx.txtファイルの設置

慣れていない人にとっては最難関かもしれません。

設置方法は2通りあります。

  1. FTPソフトを使用する方法
  2. レンタルサーバーのファイルマネージャを使用する方法

どちらがいいか、と問われれば、もちろん、FTPソフトを使用したほうがいいです。

早いし。応用効くし。今後も何かと使用する機会もあるだろうし。

FTPソフトを使用したい方は、この記事を参考にしてください。

FileZillaのインストール 【初心者向け】FTPソフト「FileZilla」を使ってみよう!

もちろん、FileZillaでなくても構いません。

ファイルマネージャみたいにFTPソフトを使いたい!という方は、CyberDuckの方が使いやすいかもしれません。

さて、そんなことはさておき、設置する場所は青ドメインのルートディレクトリになります。

ドメインのルートディレクトリがわからない方は、wp-includeやwp-admin、wp-contentsのフォルダがあるフォルダと思っていただいてかまいません。

Filezillaで見るとこの場所です。

注意
設置したからすぐ警告が消えるかというと、すぐには消えません。
クローラーが回ってきてから警告が消えますが、広告自体はすぐ表示されました。

いかがでしたか?

まだ警告されていない方も、順次警告が届いているようです。

警告前に設置しておきましょう。

どうしても自分ではできない方はこちら。


WordPressをカスタマイズします 各種ワードプレスの設定やカスタマイズをします。