Pythonのインストール

ここのとこ、NetflexでThe 100(ザ・ハンドレット)を見ながら更新しているこなゆきです。

こんばんは。

せっかくなので、Pythonのインストールについて書いてみようと思います。

こなゆきのPCのスペックは以下の通りです。

  • OS:Windows10(64bit)
  • 実装メモリ:4.00GB

Pythonのインストール

まずはPython公式サイトへ。

[st-card-ex url=”https://www.python.org/” target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”>>> NEXT”][/st-card-ex]

Pythonのダウンロード

サイトを見るとダウンロードってタグがありますので迷うことはないかと思います。

そして対応するOSのダウンロードページに移動します。

私のOSはWindows10なのでWINDOWSへ移動します。

さて、ここで私迷いました。

一番上にある「最新のPython3リリース – Python3.7.2」をダウンロードすると、32bit版がダウンロードされ、32bit版をインストールすることになります。

どうやら、32bit版を入れても全く問題ないらしいのですが、せっかくなので64bit版を入れることにしました。

32bit版をアンインストールして、「windows x86-64実行可能インストーラーをダウンロードする」をクリック。

あ、こなゆきのブラウザで翻訳しちゃっていますので、日本語になっていますが、翻訳していない場合、英語表記になっています。

ただ、あわてないで。

「windows x86-64」って書いてあるものは、64bit版です。

webベースというのは、必要ファイルをインストール時にダウンロードするバージョン。

実行可能のインストーラーというのは、実行ファイル(必要なものは入ってる)バージョン。

zipファイルは、exeファイルが圧縮されたものになっています。

つまり、どうせ消しちゃうし、どれ選んでも一緒です(笑)

ただ、オフラインでインストールするなら、実行可能インストーラでいいと思います。

25MB程度だしね(笑)

さあ、インストール

①Add python 3.7 to Pathにチェックを入れる。
この理由はディレクトリを移動させずに、Pythonのプログラムを楽に実行させるためです。
非常に重要です。確実にチェックを!

②Customize installationをクリック。
カスタムインストールは、自分の端末のユーザー全員にPythonを使わせるか、そうでないか。
インストール場所を指定したい。
この2つの理由で決めたらいいと思います。

私は「万が一、子供の自由研究の題材が決まらなそうな場合」のことを考えて、全てのユーザーで使用できるように設定しました(笑)

そうでない場合、Install Nowで即インストールしていいかと思います。

カスタムインストール

はじめから、全てにチェックが入っています。

そのままお進みくださいませ。

④Install for all usersにチェックを入れると、端末のユーザー全てがPythonを使用することができるようになります。

さて、※ですが、④にチェックを入れると、勝手にチェックが入ります。

⑤Installへ。

All usersに使わせるので、当然、Administrator権限(管理者権限)が必要になります。

IDとPASSを入力して、サクッとインストール完了。

これで、Pythonのインストールは完了です。

いかがでしたか?

インストール自体は簡単ですし、PCが重くなるわけではないので、暇つぶしにインストールいかがですか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。