Pythonの演算子

本日、ジャニーズwestのホメチギリストと傷だらけの愛が発売されました!

興味がある方はぜひ(笑)

[st-card-ex url=”https://www.johnnys-net.jp/page?id=artistTop&artist=29″ target=”_blank” rel=”nofollow” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”>>> NEXT”][/st-card-ex]

演算子の種類

演算子は、簡単に言うと、+-×÷とかの計算のための記号や、>や<、=のような比較に使用する記号などです。

演算子には種類があり、それぞれに役目があります。

算術演算子

算術演算子は、ループさせるカウントや条件分岐させる計算の大元となるものです。

演算子役割
+加算2+3=5
減算6-5=1
*乗算3*4=12
/除算9/3=3
^累乗3**3=3*3*3=27
%剰余7%2 → 1

比較演算子

比較演算子は、条件分岐させるための条件本体となるものです。

演算子役割
==等しい6 = 6
>大なりa>3
aは3より小さい
>=以上a>=3
aは3以上
<=以下a<=6
aは6以下
!=等しくないa != b
aはbと等しくない(異なる)

論理演算子

論理演算子は主に、条件分岐の際に付加をするものです。

演算子役割
AND何々かつ何々a==b and c==d
aとbが等しく、かつcとdが等しい
OR何々もしくは何々a==b or c==d
aとbが等しい、もしくはcとdが等しい
>NOT否定NOT a
aが真の場合偽、偽の場合真

Pythonではこんな感じですが

他のプログラムでは、ほぼ算術演算子と論理演算子はおなじですが、比較演算子の!=が><だったり、==が=でよかったり、===と3つつなげたり、バラエティに富んでいます。 Pythonは、こうである!とまるっと覚えてしましましょう! 最後までお読みいただきありがとうございました。